ABOUT LEPIUS’ MANUAL

レピウスの白衣について

VISION

医師の誇りを高め、患者の信頼の証になる

VALUE OF LEPIUS’ LAB COAT

レピウスが考える白衣の価値

白衣は、ただの作業着や職場で着る制服ではありません。
ビジネスマンのスーツのように、医師が一生のうち一番長く身に着ける服であり、様々な人が働く医療現場では医師の職業を象徴となります。
正しく美しい白衣を着用することによって、凛とした印象を与え、医師であることの誇りを感じることができる。そして、その姿勢が患者様に安心感にも影響を与えると考えています。

一方、患者様が医師と接する時間は短く、医師に対する印象は着ているものや表情、話し方など、外見や雰囲気によるところが少なくありません。
着ているものによって、人に当たる印象は大きく変わります。

医師がどんなに診療や治療でベストを尽くしても、患者様の問題を解決できないことは多々あります。そんな時でも、患者様と信頼関係を築けていれば医師の存在が患者様の救いとなるのではないでしょうか。
レピウスは、「医師の誇りを高め、患者様の信頼の証になる白衣作り」を目指しています。

PLAN AND DESIGN

白衣の企画・デザインについて

2013年に創業したレピウスは、ファッションデザイナーの宮崎能典が「ハナエモリ」などの高級ファッションブランドで学んだ服作りの哲学と技術を余すことなく注ぎ込み、スタイリッシュでこだわりのある医療従事者向けの高級白衣やスクラブを企画・製造し販売しています。
レピウスは、医師の誇りを高め、患者からの信頼の証となる医療現場の装い、機能性の高いメディカルファッションをデザインしています。

デザイナーがこれまでに、約500名以上の医師のご意見を直接聞いて白衣製作に反映しています。​
また、患者様やそのご家族の視点も取り入れ、「患者様の信頼の証」になるような白衣をデザインしています。

▶︎デザイナープロフィール

MATERIAL AND PATTERN

素材​・パターン設計

素材は、日本製の高機能な程よい厚みのストレッチ素材​など​を使用しています。医療現場のニーズに合わせたイージーケアで、機能的な素材こだわって選んでいます。程よいストレッチなどは、上肢の動きを妨げません。​また、軽くてハリと柔らかさをほどなく兼ね備えているため、​シルエットが美しく、着やすい素材となっています。​

その他、制電・透け防止素材・UVカット・吸湿速乾など、たくさんの医師の意見から必要な機能を盛り込んでいます。​

パターンは、廉価の白衣とは一味違い細部までこだわり抜いています。メンズは、3面構成で人体を包む立体的なフォルム、レディースは、女性らしい体型をより綺麗にみせるのに最適な4面パネル構成など、性差に合わせて最適なパターンを採用。また、デスクワーク等前かがみの姿勢や、腕を組んだ姿勢でも動きやすいように、背肩幅を広めに取るなど、業務内での様々な動きを想定し計算尽くされてたパターンを実現しています。

GARMENT MANUFACTURE

縫製・製造について

デザインは高級衣服のクオリティーを追及していますが、縫製仕様は、職場での過酷なデイリーユースや、洗濯などに耐えうるように、一般服よりも耐久性のある丈夫なものにしています。

縫製は国内生産をメインとし、既製品は高級ファッションブランドの服を生産する技術力の高い縫製工場を使用。
オーダーメイド品は、経験豊富な国内のベテランの縫製師が担当しています。

また、レピウスの白衣は、公的機関で耐洗濯性試験を実施するなどの品質管理を徹底しています。
より日々の業務に対して誇り高い気持ちで臨めるよう、最高の環境で商品をお届けしています。